メニュー画面の取り扱い

あなたのDreamMaker2用の小説は無事にすべて変換されましたか?
忘れないうちにHTML形式で保存したら、次にメニュー画面の編集です。
今回は例として変換候補が2つ使えるメニュー画面を選びます。

こちらがサンプル2の画面です
ダウンロード
を選んでクリックすると保存先を訊いてきますので作業しやすいようにデスクトップを選びます。
もしもあなたのPCに解凍ソフトが入っていない、もしくは使えるようにLZHGIPのボタンを押していない状態だとダウンロードしたメニュー画面の圧縮ファイルは
こんな形のアイコンで出てしまいます。これはWindowsの旗マークなんですが、「このPCにはこの形式(拡張子)のファイルを扱えるソフトがインストールされてないよ」って教えてくれてますので、解凍ソフトを持っていない方はこちらから手に入れてきましょう。(^-^)
無事にダウンロードできていたらアイコンはこうなります。
早速このアイコンをダブルクリックしてみましょう。 


するといきなりデスクトップに解凍されたファイルの中身が表示されます。そして+Lhacaでは解凍先の設定を特別に変えていなければ


 

デスクトップにはこのようなフォルダも出来ています。この時にフォルダ名(dmenu-02)もメニュー画面(menu-02.html)の名前も半角英数字ならお好きな名前に変更しちゃって下さい。勿論、このままでも使えます。
このページでは、混乱を避けるためにこのままの名前でご説明します。